エンジン適合

自動車を構成する、さまざまな部品間の相互作用が、車両の動的挙動と音響振動に多大な影響を及ぼし、その結果は運転時の快適性や耐久寿命性能に表れます。
そのため、車両の動的挙動を検証するための動的シミュレーションは、単品部品から車両全体にわたる開発プロセスにおいて必要不可欠な技術となっています。
こうしたCAE手法を用いる大きなメリットは、複雑なシステムの動的挙動を把握できるという技術的な優位点だけでなく、実際の部品を用いた実験/試験を行うよりも、開発時間短縮や開発コスト削減に大きな効果があることです。

 

エンジン性能

  • 燃費最適化
  • エンジンおよびコンポーネント保護

排出ガスおよび後処理

  • 燃焼開発と最適化
  • 排気ガス後処理制御キャリブレーション
  • TWC、GPF、DOC、DPF および SCR キャリブレーション

    ホモロゲーション

    • エンジンホモロゲーションおよびデモテスト

    派生車種への対応

    • 新しい車両プラットフォームへの流用システムの適合

    システム統合

    • 必要に応じた適切なキャリブレーション