エンジン&ハイブリッド エンジニアリング

エンジンエンジニアリングにおける私共の開発業務は、エンジン適合やOBD、出力/排気量のアップグレード、およびハイブリッド車両の運動特性最適化まで多岐に渡ります。

私共の技術と経験は、エンジンテストベンチ、高標高(低気圧)環境テストベンチ、アコースティック(NVH)テストベンチ、ハイブリッドドライブトレインテストベンチおよびシャーシダイナモメーターテストベンチに至るまで幅広いテスト設備に支えられています。

将来的なCO2排出削減や排ガス規制に対する目標を達成するために、私共の開発プロセスは、電動モーターやエンジンのシステムを最適化するソフトウェアの連携によりサポートされています。

エンジンキャリブレーション

  • エンジン性能
  • 排出ガスおよび後処理
  • ホモロゲーション
  • 派生車両への展開

      実路走行排気 (Real Drive Emissions: RDE)

      • 測定サービス
      • 評価 / 分析
      • キャリブレーション最適化
      • RDE コンセプト検証

          ハイブリッド化

          • ハイブリッドモジュール制御マネージャー
          • オペレーション制御最適化
          • ハイブリッドシステム評価
          • ハイブリッドシステムの機能統合

              走破特性および NVH

              • トルク管理
              • 走破統制適合
              • 車両機能
              • NVH 最適化

                  オンボード診断 (OBD)

                  • OBD I (電気系統)
                  • OBD II (排気関連) 車両
                  • スキャンツール通信 NVH
                  • 障害経路の管理

                      キャリブレーションのサポート環境

                      • データ分析
                      • モデルベースのキャリブレーションツール
                      • マップツール
                      • 故障経路アナライザ