Real Driving Emissions (RDE)

実路走行排気(RDE)試験は車両の路上排出量を計測します。乗用自動車向けの車載式排出ガス測定システム (PEMS) が、NOx、CO、CO2、および粒子数を測定します。RDE試験 は、シャシーダイナモを用いた乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTC試験法)に代わるものではなく、条件の厳しい実際の路上で、排出量が低いことを保証するものです。

測定サービス

  • 様々な入力を考慮できる路面を持ったテストコース完全なテストインフラストラクチャ
  • 測定サービス全般に対応できる設備/装置

評価 / 分析

  • 最新の法規制に合わせた RDE サイクル評価
  • 重要な排気セクションの分析および境界条件の評価
  • ワーストケースシナリオの見極め – ロバスト性チェック

    キャリブレーション最適化

    • 実走行試験からシャシーダイや、テストベンチベンチへの手法展開
    • それぞれの条件に応じた、評価サイクルへの適応

    RDEコンセプト検証

    • 許容限界 / ワーストケースの予測サイクル