新規格

今後取り入れられる新たな規制により、車両開発は新しい課題への対応が求められています。96/53/EC の規制では、安全性や空気抵抗を考慮してキャブが従来よりも長く設計できるようになりました。その事により以下のような効果が期待されています。

  • 抵抗係数 (空気抵抗係数) の改善による燃費向上
  • 視野 / 直接視界の改善、死角の減少
  • 運転者の安全性と快適性
  • 衝突時、相手車両のケガや被害の軽減

      MAGNA のキャビンコンセプトは、これからの商用車としてエンジンや、モーターなどの新たな駆動システムの搭載適合や、軽量化技術に限らず、空力特性、直接視界、および安全性の改善を含んだ提案となっています。