シャシー

シャシーエンジニアリングはトラックエンジニアリングの中では最大の課題の一つといえます。
世界中の各市場それぞれに、ユーザーから多種多様の要望があり、膨大な数の車種やアプリケーションを求められています、それに対応できるように数多くのコンポーネントを検討すべき必要があります。Engineering Center Steyrの車両エンジニアリング部門では、モジュラーコンセプトから一連のドキュメントに至るまでの、全般的なシャシー開発を担っています。これは、設計・シミュレーション・乗り心地や操安試験に加えて、フレーム、補機部品、アクスル、サスペンション、ステアリングなどの開発/評価、冷却システムや電気系統、ブレーキシステムや音振検討を含むパワートレインの搭載検討と適合など多岐にわたります。
私共は、乗用車、商用車や特殊車両において、独立懸架式サスペンションやリジッドアクスルなどの開発に長年携わっていく中での経験を活かし、新たなシャシー開発やシステム搭載適合をサポートしています。

シャーシフレーム

  • さまざまな接合技術を用いたラダーフレーム
  • 特殊車両用フレーム
  • モジュール化開発
  • デジタルモックアップ
  • 軽量ソリューション
  • E /E 開発および統合
  • 外付け補機部品
  • ブレーキシステムのシミュレーションおよび搭載統合
  • 強度耐久シミュレーション
  • 操安、乗り心地シミュレーションおよび評価試験

                  アクスル / サスペンションシステム

                  • リジッドアクスルサスペンション
                  • 独立懸架式サスペンション
                  • プッシャーアクスル / トレーリングアクスルサスペンション
                  • スプリングタイプ
                    • スチールサスペンション (コイル / リーフ)
                    • エアサスペンション
                    • 油圧式サスペンション

                  機構シミュレーションおよび性能試験

                  ステアリングシステム

                  標準的なリジッドアクスルまたは独立懸架式サスペンション向けのステアリングシステム設計

                  • ステアリングおよびサスペンションシステムの開発
                  • ステアリングコラム
                  • 操舵比および操舵力
                  • ステアリングシステムインターフェース開発

                      パワートレイン搭載適合

                      • SUV から大型トラックまで
                      • パワートレインパッケージング
                      • パワートレイン性能およびエネルギーマネージメントの最適化
                      • インターフェースシステム開発
                        • パワートレインサスペンションシステム
                        • ドライブシャフトシステムの搭載適合
                      • 冷却システム
                      • 吸気、燃料および後処理システム
                      • デジタルモックアップ