高標高/温度テスト

極限の状況下で再現性のある測定結果を出すことが、エンジン開発において重要になってきています。St. Valentinでの高地および気候テストベンチは大きな可能性を秘めています海抜 5000 m という極限の環境での開発や用途に必要なすべての試験を実施することができます。

テストチャンバーの温度は必要に応じて -30°C から +50°C まで変えることができます。さらに、湿度を管理することもできます。定常プログラムの域を超えて、テストベンチは、顧客固有のサイクルだけでなく様々な過渡運転サイクルも実施することができます。

テストチャンバーの技術仕様

  • 最大高度:5000 m (540 mbar)
  • 出力 :500 kW
  • エンジントルク:2600 Nm / 3100 Nm 最大
  • 最高エンジン速度:8000 U/min
  • 絶対湿度 :24 g/kg
  • 相対室f度: 95% (温度 28°C 未満で)
  • 温度: -30°C / +50°C

            排ガス測定器

            • BSPU-702RB 搭載の Dual Line MEXA-7170DEGR
            • COH/CO2 - アナライザ
            • COL - アナライザ
            • CO2 - EGR – アナライザ
            • CO2 - アナライザ
            • THC - アナライザ加熱
            • NO、NO2 u.NOx - 二重検出器 (アナライザ加熱)
            • 精度等級 1% フルスケールまたは読み取りの 2%
            • サンプリングレート 1 Hz
            • AVL FTIR
            • 粒子計数器
            • AVL 微煤煙

                                追加の測定装置を実装できます。

                                物理パラメーターの測定

                                • 温度
                                • 圧力
                                • 体積流量
                                • 電流 / 電圧
                                • 動的燃料消費量測定