耐久試験

St.Valentinでの疲労テストサービスは、小さい材料の検体テストから大型車両の用途まで幅広くテストに対応しています。

弊社のシミュレーションとテストサービスを融合させたホリスティックアプローチを取り入れれば、お客様に最大の付加価値がつけられます。材料テストは単に疲労寿命を評価するだけではありません。材料分析、方法開発、最終的には革新的なテストソリューションも導き出します。そうすることで、FEM および MBS の入力データを使用して、テストの設定を調整したり、等価負荷を生成してアクティブなチャネルを減らしたり、低減されたハードウェアの複雑性の内力を決定したりすることができます。

また、シミュレーションモデルの精度を上げるだけでなく、今後の開発サイクルを向上するためにテストとシミュレーションのつながりを生み出すことも同じくらい重要です。

疲労テストサービス – 現場

材料テスト

次のような基材特性および接合 (溶接、接着など) 特性の評価:

  • 極限強度テスト
  • 座屈
  • 破断
  • 塑性変形
  • 高温挙動 (>1000°C)

        FEMFAT および FEMFAT WELD データベースの材料モデルの生成

        コンポーネントおよびシステムテスト

        全型式のグループおよび車両を評価するアクスル/ フレームコンポーネントの運動性テスト:

        • 材料疲労 (塩水噴霧環境を含む)
        • 亀裂伝播速度
        • 摩耗およびフレッチング腐食
        • 耐久性

            FEMFAT LAB を使用した耐久性テスト中に損傷監視が実施できます。

            負荷データ生成

            センサーアプリケーション、荷重キャリブレーション、荷重スペクトル生成、バーチャルイタレーション、および最終的な等価負荷の生成

            測定サービス

            測定サービスの範囲は、標準的な負荷データ測定 (ひずみ、加速、変位) から無線遠隔測定装置を使用する非常に複雑なドライブトレイン効率測定にまで至ります。負荷データは、内部負荷データの生成や外部サービス向けに社内でキャリブレーションされます。FEMFAT LAB は、データ生成および処理のワークフロー全体をサポートするために使用されます。

            装備

            • 油圧サーボアクチュエーター数 250
            • 10 kN から 500 kN の力
            • 周波数最大 100 Hz
            • ストローク最大 500 mm
            • 最大 40 のアクチュエーターを同時にコントロールできます。

                  インフラストラクチャ

                  • 定盤 9台  (500 トンまで)
                  • 検体の最大重量 50 t (12 m x 7 m)
                  • 総面積 2,455 m²
                  • テストエリア 383 m²
                  • 据付の電気出力 (770 kW + 960 kW (最大1.6 MW))